Brain Machine Interface (以下、 BMI )は、随意運動や運動イメージ時の脳活動を、脳波などで記録し、解析した信号を元に、外部の器機や装置を制御する技術です。当教室は、文部科学省の脳科学研究戦略推進プログラム課題 A (リンク先: http://brainprogram.mext.go.jp/missionA/ )「ブレイン・マシン・インターフェース (BMI) の開発」の参画機関として、慶應義塾大学理工学部生命情報学科(リンク先: http://www.bme.bio.keio.ac.jp/ )と密に連携し、 BMI を機能代償および機能回復に役立てることができないか、検証をしています。
   
【当院で BMI 治療を希望される方へ】
治療の適応がいくつかございますので、以下のファイルをご一読下さい。
 
   
 「脳卒中後上肢麻痺に対する脳波-BMIリハビリテーションシステムの有効性及び安全性を検証するための治験」を行っております。ご興味のある方は当科外来を受診いただければ担当医師よりご説明いたします(手順は慶應義塾大学病院の一般的な外来受診と同じです)。治験への参加可否などについてお電話、電子メールなどではお答えできません。診察の結果、ご希望に沿えない場合もありますので予めご了承ください。」
   
【機能代償 BMI 】
 
【機能回復 BMI 】
 
参考文献:
1)
Hashimoto Y, Ushiba J, Kimura A, Liu M, Tomita Y. Correlation between EEG?EMG coherence during isometric contraction and its imaginary execution. Acta Neurobiol Exp 2010, 70: 76?85
2)
Matsumoto J, Fujiwara T, Takahashi O Liu M, Kimura A, Ushiba J. Modulation of mu rhythm desynchronization during motor imagery by transcranial direct current stimulation. J NeuroEng Rehabil 2010; 7:27
3)
Hashimoto Y, Ushiba J, Kimura A, Liu M, Tomita Y. Change in brain activity through virtual reality-based brain-machine communication in a chronic tetraplegic subject with muscular dystrophy. BMC Neuroscience 2010; 11:117
4)
Ushiyama J, Suzuki T, Masakado Y, Hase K, Kimura A, Liu M, Ushia J. Between-subject variance in the magnitude of corticomuscular coherence during tonic isometric contraction of the tibialis anterior muscle in healthy young adults. J Neurophysiol 2011; 106: 1379-1388 .
5)
Shindo K, Kawashima K, Ushiba J, Ota N, Ito M, Ota T, Kimura A, Liu M. Effects of Neurofeedback training with an electroencephalogram-based brain-computer interface for hand paralysis in patients with chronic stroke: a case series study. J Rehabil Med 2011;43:951-7.