Brain Machine Interface (以下、 BMI )は、随意運動や運動イメージ時の脳活動を、脳波などで記録し、解析した信号を元に、外部の器機や装置を制御する技術です。当教室は、文部科学省の脳科学研究戦略推進プログラム課題 A (リンク先: http://brainprogram.mext.go.jp/missionA/ )「ブレイン・マシン・インターフェース (BMI) の開発」の参画機関として、慶應義塾大学理工学部生命情報学科(リンク先: http://www.bme.bio.keio.ac.jp/ )と密に連携し、 BMI を機能代償および機能回復に役立てることができないか、検証をしています。
   
【当院で BMI 治療を希望される方へ】
治療の適応がいくつかございますので、以下のファイルをご一読下さい。
 
   
1.
歩行、身の回りの日常生活は自立 ( 装具や杖を使っていても構いません )
2.
コミュニケーション可能(失語は多少あっても可)
3.
年齢は基本的には中学生以上(付き添いなしで入院が可能、小児病棟での対応不可)80歳以下
4.
発症から5か月以上経過し、回復期のリハビリは終了し現在自宅で生活
5.
脳卒中による一側上肢の麻痺の治療希望(四肢麻痺、失調は除く、下肢に対しては行っていません)
6.
最近1年以内にてんかん発作はない
7.
座った状態で、麻痺した手を胸まで挙げることができる
8.
目をつぶって麻痺側の親指を良い方の手でつまむことができる
9.
ペースメーカー、シャントなど体内に金属、異物の入っていない方
10.
重度の拘縮(指や手首の関節がすでに固くなってしまって、他動的に動かそうとしても動かせない状態)がない
11.
麻痺側上肢に強い痛みやしびれがない
   
【機能代償 BMI 】
 
【機能回復 BMI 】
 
参考文献:
1)
Hashimoto Y, Ushiba J, Kimura A, Liu M, Tomita Y. Correlation between EEG?EMG coherence during isometric contraction and its imaginary execution. Acta Neurobiol Exp 2010, 70: 76?85
2)
Matsumoto J, Fujiwara T, Takahashi O Liu M, Kimura A, Ushiba J. Modulation of mu rhythm desynchronization during motor imagery by transcranial direct current stimulation. J NeuroEng Rehabil 2010; 7:27
3)
Hashimoto Y, Ushiba J, Kimura A, Liu M, Tomita Y. Change in brain activity through virtual reality-based brain-machine communication in a chronic tetraplegic subject with muscular dystrophy. BMC Neuroscience 2010; 11:117
4)
Ushiyama J, Suzuki T, Masakado Y, Hase K, Kimura A, Liu M, Ushia J. Between-subject variance in the magnitude of corticomuscular coherence during tonic isometric contraction of the tibialis anterior muscle in healthy young adults. J Neurophysiol 2011; 106: 1379-1388 .
5)
Shindo K, Kawashima K, Ushiba J, Ota N, Ito M, Ota T, Kimura A, Liu M. Effects of Neurofeedback training with an electroencephalogram-based brain-computer interface for hand paralysis in patients with chronic stroke: a case series study. J Rehabil Med 2011;43:951-7.