包皮小帯切除法で早漏治療を受ける時に痛みが出るブロック麻酔の問題とは

知っておきたい!早漏治療のブロック麻酔

包皮小帯切除法で使われているブロック麻酔は、局所麻酔の一種であり、痛感に関係する末梢神経を一時的にブロックして施術中に生じる痛みを取り除きます。
脊髄に麻酔薬を注入する全身麻酔と違って施術中にも意識を維持できるとともに、痛みによる筋肉の緊張を緩和でき、施術後にすぐに日常生活に戻れるのもメリットといえるでしょう。
包皮小帯切除法では、敏感な亀頭やその付近ではなく、ペニスの根本に対してブロック麻酔注射します。
ペニス全体の末梢神経をブロックできるため、施術中の痛みをほぼ完全に取り除きます。
ただし根本に注射する際に「チクッ」とした痛みを感じるのは避けられません。
このブロック麻酔注射をする際の痛みを取り除くために、よく利用されているのが笑気麻酔や静脈麻酔になります。
大抵の整形外科医ではオプションサービスとして提供しており、早漏治療で痛みが気になるという方は事前に相談することをおすすめします。

知っておくと安心!ブロック麻酔の偶発合併症

包皮小帯切除法で早漏治療で受けるブロック麻酔の課題となるのが、偶発合併症です。
これはブロック麻酔を注射する際や麻酔の影響によって感じる症状のことであり、さほど高くありませんが一定確率で生じることがあります。
具体的にはペニスの根本に針をさす際に末梢神経を直接傷つけてしまう、注射したさいの出血による神経圧迫、局所感染や局所麻酔中毒などが、よく知られています。
最近の包皮小帯切除法で早漏治療を受ける際は、対象となるペニスの患部にエコーを照射して末梢神経の位置や状態をディスプレイで確認した上で注射するのが一般的になっており、これらのトラブルはほとんどなくなりました。
また出血による神経圧迫のほとんどは施術や生活に影響しませんし、整形外科の衛生環境がしっかりしているため、局所感染するリスクも低くなっています。
局所麻酔中毒は、基礎疾患などの有病者や高齢者にみられるため、気になる方は相談しておくと良いでしょう。

まとめ

包皮小帯切除法で早漏治療を受ける時に痛みが出るブロック麻酔は、施術中の痛みを取り除くために利用されています。
ペニス全体の痛感を阻害するものの、施術後すぐに普通の生活に戻れるため、最も一般的な早漏治療といえるでしょう。
この早漏治療では偶発的合併症というリスクもありますが、最新のエコー技術や衛生環境の確保されており、基本的に安心して治療を受けられます。
もしブロック麻酔が気になる場合は、早漏治療を受ける際に相談しておくと安心です。

返信がありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

人気投稿

早漏治療で痛みを完全に無くせるガス麻酔を使わないことが影響する理由

早漏治療中の痛みはガス麻酔で取り除く 包茎のように保険適用にはならず自由診療であるため費用が高額になりそう、不本意な仕上がりになり感度が落ちてしまったらどうしよう、クリニックがたくさんあり過ぎてどこを選べばよいのかわから […]

コメントなし

包皮小帯切除法で早漏治療を受ける時に痛みが出るブロック麻酔の問題とは

知っておきたい!早漏治療のブロック麻酔 包皮小帯切除法で使われているブロック麻酔は、局所麻酔の一種であり、痛感に関係する末梢神経を一時的にブロックして施術中に生じる痛みを取り除きます。 脊髄に麻酔薬を注入する全身麻酔と違 […]

コメントなし

早漏治療で包皮の切除で採用される痛みを無くす麻酔法が不十分な事例

早漏治療の痛みはクリニックで変わってくる 早漏治療にもいろんな種類がありますが、被っている包皮を切除することで敏感な亀頭が慣れていき、それによって改善するケースもあります。 切除することから心配のひとつになるのが痛みです […]

コメントなし

薬剤注入の方法で早漏治療する時の痛み対策が十分ではない可能性

早漏治療と痛みの関係性について 疼くような痛みは、早漏治療や他の身体への処置で起こることが多い事柄です。 薬剤注入は体へ薄い粘膜の感覚へ働きかける目的があるので、術中に痛みが出る可能性もあるでしょう。 早漏治療には、麻酔 […]

コメントなし

早漏治療で採用される痛みを感じない麻酔法についての情報

早漏は早いタイミングで射精を終えてしまうため、男性女性とも満足感を得ることなく性交渉が完結してしまいます。 男性にとって早漏は悩みやコンプレックスの一つとなり、性交に不安を抱いて消極的になることがあるので、治せるなら治し […]